乾燥肌

顔についた「枕の跡」とサヨナラ!めざせ「プルプル肌」!

顔に跡がついたまま外に出られない!

「朝起きたら、枕の跡が…もう家を出ないといけないのに全然消えない!」
「鏡を見たら、顔にシーツの跡が…こんな顔で外に出られない」
「風邪予防でマスクをつけていたら、跡がついてしまった…」

朝、時間が無いのにどうしたらいいの!?
忙しい朝に、こんな思いをしたことはありませんか?

実は私も朝起きたら、「枕の跡がついている!」という経験があります。でも、家を出る時には消えていたので、あまり気にしていませんでした。

・・・だったのですが、最近はだんだん跡が消えにくくなっているんです( ノД`)

「家を出るまでに消えるのかな…」といつもドキドキです。そんな悩みを解決できる方法があったら知りたいと思いませんか?

「そもそも、なんで顔に跡がつくの?」って考えたことはありませんか?

顔についた跡は、皮膚が枕やシーツに押し付けられて圧迫されているからなんです。

そのままの状態が長時間になると、皮膚が押し戻されることなく、「跡」がついてしまうんです。

その原因は?

顔に跡がつく原因って何?
それは、「肌の弾力不足」「むくみ」「肌の乾燥」などが原因とされています。

原因1.肌の弾力不足

「25歳はお肌の曲がり角」なんて言葉を聞きますが、実は20歳ころから肌の弾力はだんだん、低下していきます。

肌のツヤ、ハリが無くなったり、化粧のりが悪くなったり…と様々な症状が現れます。若い頃から、濃いめの化粧をしている人は、20代前半という早い段階で肌の衰えを実感しているのでは?

原因2.むくみ

女性の皆さんは夕方になると足がむくんだ経験、ありますよね?足がむくむのと同じように顔もむくみます。

●仕事上、長時間同じ姿勢をとっていませんか?
●夜更かしをしていませんか?
●塩分や水分をとり過ぎていませんか?

思い当たる方、もしかしてむくんでいませんか?上記の事を気を付けるだけでもむくみの改善になります。

原因3.肌の乾燥

私たちの皮膚は「表皮」、「真皮」があります。

それぞれの役割は
表皮・・・一番外側に存在し、外部からの刺激や菌から体を守る
真皮・・・表皮の下に存在し、肌の弾力やハリを保つ

肌の弾力やハリに関係する、コラーゲンやヒアルロン酸は真皮にあります。コラーゲンやヒアルロン酸が十分存在していても、外側の表皮が弱いと、弾力やハリが出ないのです。

スーパーにあるお肉で説明しますね。乾燥してるお肉と、新鮮で水分が含まれたお肉を指で押したとします。弾力があって、指の跡が残りにくいのはどちらか分かりますか?

そう、新鮮なお肉ですよね!

もしかすると、乾燥しているお肉も中心部分は水分が含まれているかもしれません。でも、外側が乾燥していれば、指で押しても跡は残ってしまいます。

このように、私たちの肌も乾燥していると、乾燥したお肉のように、跡が残ってしまうんです…

いったい、どうしたらいいの?

原因は分かりましが、朝ついた顔の跡を消すにはどうしたらいいのか?

それは「蒸しタオル」です。

1.タオルを濡らして、軽く絞る
2.レンジで10~20秒温める
3.跡がついている部分にあてる
4.冷水を顔にあてる
5.3,4を繰り返す

蒸しタオルで温めて、冷やすことで、血行が良くなり跡が消えていきます。

朝からそんな時間ない!

私もこの方法を試したことがあります。確かに跡は消えていきますが、毎回毎回こんな時間はありません…

寝坊なんてしたときはバタバタ準備しないといけないのに、顔に跡がついているから蒸しタオルしないと…なんて、そんな時間ないです!

かと言って、そのまま外に出るなんて、出来ないですよね…(-_-;)

コラーゲンよりも「セラミド」が大事!

朝時間がない人、蒸しタオルを準備するのが面倒だと思っている人…

そんな方には、普段の生活のなかで「顔の跡が気にならなくなる方法」を紹介します。

顔に跡がついてしまうのは、肌の弾力不足むくみ肌の乾燥が原因でしたよね。
顔のむくみを防ぐには、同じ姿勢を取らない、塩分や水分をとり過ぎないようにすることです。

では、「肌の弾力」や「乾燥」はどう防ぐのか?

肌といえば「コラーゲンが必要」と考える方も多いはず。確かに、コラーゲンも必要です。

ですが、コラーゲンが十分にあっても一番外側の皮膚(表皮)が乾燥していては、顔の跡はついたままです。そこで大切なのが「セラミド」です。

セラミドは、表皮の1番上の層(角質層)に存在する保湿成分で、肌の保湿機能の改善や、肌からの水分蒸発の防止、外部からの刺激や細菌の侵入を防ぐ働きがあります。

セラミドが十分にあることで、肌の乾燥を防ぎ、水分をたっぷり含んだハリのある肌であるということになります。

ということは、顔に跡がつく原因となる「弾力不足」と「乾燥」が改善され、跡が気にならなくなる!ということなんです。

どれを選べばいいのか?

美容液などに含まれているセラミドは次の4種類に分類されます。
・天然セラミド
・ヒト型セラミド
・植物性セラミド
・合成セラミド

この4種類の中の天然セラミドヒト型セラミドが効果が高いと言われています。

天然セラミド

天然セラミドは、馬などの動物の脳や脊髄から抽出されたセラミドです。動物由来のため、人間の角質層と近く、保湿力に優れています

※化粧品の表示成分には、「ビオセラミド」、「セレブロシド」、「ウマスフィンゴ脂質」などと表記されています。

ヒト型セラミド

ヒト型セラミドは「バイオセラミド」とも言われ、酵母を利用しています。人の皮膚に含まれているセラミドとほぼ同じ構造で作られているため、保湿力や浸透力に優れています

「私、敏感肌なんだけど…」という方、安心してください!

セラミドは元々、肌の角質層に含まれているので、敏感肌の方でも安心な成分です。ちなみに、「ヒト型セラミド」は肌に優しいというメリットがあるので、敏感肌の方にはおススメです!

さいごに・・・

今まで顔についてしまった跡をどうすればいいのか悩んでいた方、私を含め、たくさんいらっしゃると思います。朝から時間がない方は、日ごろのスキンケアで改善してみませんか?

セラミドを肌に閉じ込めることで、悩んでいた跡も気にならなくなり、肌のハリ・ツヤ、乾燥も改善できて一石二鳥?三鳥?(*’’▽’’)

あなたにあったセラミドを探して、「マスク跡」とサヨナラしませんか?

関連記事

  1. 乾燥肌

    乾燥肌の原因は間違ったスキンケアと生活習慣にあった!?

    若い時には考えもしなかったのに・・・■若い時は肌にツヤがあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP