自分の顔を手で覆う男の子

オイリー肌

オイリー肌が原因で病気にらないように気を付けるポイント

オイリー肌(脂性肌)とは

何かの原因で皮脂の分泌が過剰になっている肌のことをオイリー肌(脂性肌)といいます。

皮脂が異常に分泌されることで発症する病気

思春期以後、特に30歳、40歳台にさしかかると、頭皮のフケが多 くなったり、大きめのフケが頭皮にこびりついたりする人がいます。
皮脂が過剰分泌されることで皮脂を好む真菌であるマラセチア菌が異常繁殖してしまい、頭皮や顔に炎症ができてしまう脂漏性皮膚炎が原因です。
皮脂の分泌を促進するのが男性ホルモンということから、男性の患者が多いと言われています。
女性でも生活習慣の乱れや、ストレスなどからホルモンのバランスが崩れてしまい皮脂分泌が盛んになることもありますので、男性だけが発症する訳ではありません。
また正しくない洗髪、洗顔方法も原因の一つに挙げられます。

皮脂の正常な分泌量

正常な分泌量に決まった数値はありません。
肌の正常な水分量は20%から30%、理想的な肌の水分量は40%と言われているので、
水分量が保たれているかを基準にして、テカらない程度の皮脂が保たれていればいいのではないでしょうか。

皮脂はなぜ分泌されるのか

肌の水分は蒸発するので、肌の水分が蒸発しないように膜を作っているのが皮脂です。
皮脂により、肌に水分がため込まれることで肌の潤いが保たれて、柔らかいモチ肌になっています。
他にも肌を弱酸性に保つことで雑菌が繁殖しにくい肌を作り、角質層が過剰にはがれるの(過剰なターンオーバー)を防ぐことで肌荒れを予防するなど様々な働きをしています。

皮脂を分泌する仕組み

男性ホルモンの一種である「テストステロン」やステロイドの一種「アンドロゲン」が皮脂の分泌をコントロールしています。

皮脂が過剰に分泌される原因

ストレスや生活習慣、遺伝的要因などにより分泌が過剰になると、それにより皮脂の分泌も過剰になります。
「食生活」、「生活習慣によるホルモンバランスの乱れ」、「不適切なスキンケア」などが原因です。

食生活

飽和脂肪酸は融点が高いため、毛穴が詰まる原因にもなります。不飽和脂肪酸を含む製品にします。

生活習慣によるホルモンバランスの乱れ

「テストステロン」や「アンドロゲン」が正常に働くように、睡眠を十分にとります。

不適切なスキンケア

気をつける点は「皮脂を落としすぎない」、「洗顔はふわふわ泡で優しく洗う」、「すぐにタオルで軽く押さえるように拭き、保湿をすぐにする」ように気をつけます。

関連記事

  1. オイリー肌

    洗顔でやってはいけない間違いと肌質別洗顔方法

    洗顔でやってはいけない間違い。脂性だから、乾燥がひどいから、角栓が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP