くすみ

みるみる若返る!!これであなたも赤ちゃんたまご肌

お肌の悩みは尽きません…

「ファンデーションを付けたら粉を吹いた…」
「職場で今日も疲れた顔してるねって言われた。」
「昔運動部に入っていたからか、最近になって顔にシミができ始めた。」

お肌の悩み、挙げだしたらきりがありませんね。
かくいう私も、学生時代に運動部に所属し日焼けをしたせいか、今シミに悩まされています。
シミ、くすみ、たるみに悩まされているあなた!年をとったから…なんて諦めちゃダメ。
今からでも大丈夫です!

原因となるものの知識をしっかりと身につけて、きちんとケアすれば、お肌の悩みも解消できます。
あなたも正しい知識を身に着けて、憧れの赤ちゃんたまご肌を手に入れましょう。

天敵!紫外線

紫外線の種類

紫外線が皮膚に到達し、ダメージを与えることを光老化といいます。
紫外線(Ultraviolet rays)、略してUVは、A波(UV-A)B波(UV-B)C波(UV-C)の3つの波長によって分類されています。

UV-A

3つの中で最も波長が長いのがUV-Aです。このため、雲や窓ガラスまで通り抜けてしまいます。また、UV-Aはメラノサイト(色素細胞)を活性化させてサンタン(日焼けにより黒くなること)を起こします。
メラノサイトはUV-Aのダメージからお肌の深部を守るために、メラニン色素をどんどん形成します。ターンオーバーにより、メラニンは排出されますが、これが上手くいかずに色素沈着として残るとシミの原因になってしまうのです…。
また、UV-Aは真皮まで達してしまうため、お肌に必要不可欠なコラーゲン、エラスチンを壊してしまいます。

UV-B

日光浴の数時間後から皮膚を赤くする日焼け、炎症をおこした状態(サンバーン)にさせるのがこのUV-Bです。
肌の真皮までには届きませんが、皮膚がんやシミ、そばかすの原因になったり、こちらもコラーゲンを壊したりしてしまいます。

UV-C

紫外線の中で最も有害と言われているのが、このUV-Cです。オゾン層に吸収され、地上には届かないと言われていました。しかし、近年のオゾン層破壊によって標高の高い山頂などで確認されており、危険視されています。
UV-B以上に皮膚がんの原因となると言われていますが、まだまだ分からないことが多いようです…。

紫外線を防ぐには?


こんなにこわーい紫外線…。季節天候関係なく降り注いでいるというだけあって、年中日焼け止めクリームは手放せませんよね。でも皆さん、もしかしてクリームを塗ったから大丈夫!なんて思っていませんか?

紫外線対策は食べ物から

ご存知ですか?紫外線って食べ物でも対策できるんですよ!やはり、美容、健康のためには、外側だけでなく、内側からもケアを怠らないようにしなければなりません。でも実際、食べ物から栄養を摂るとなると何を食べていいのかわかりませんよね。

お肌に効く栄養素、食べ物

リコピン、βカロチン、ビタミンA、C、E、オメガ酸脂肪酸などが上げられます。トマト、南瓜、サツマイモ、ブロッコリー、ザクロ、お茶、アーモンド、魚などです。

中でも私がおすすめしたいのがトマト!
トマトはリコピンが大量に含まれています。リコピンは赤い果物などに含まれるカロテノイド色素であり、強い抗酸化作用があり、活性酸素を消し去ってくれる作用もあるのです!生活習慣病の予防にもなりますね。

実は、私の祖母(67歳)はトマトが大好きで毎日のように食べているんですが、ホントにお肌がツルツルでキレイなんです!他に特別なことは何もやっていないので、トマトの効果は本当にスゴイことが分かります。

トマトは加熱するとリコピンが増加し、油に溶けやすいため、オリーブオイルなどと一緒にトマトソースにしたりすると吸収が高まります。生で食べるより加熱しておいしくいただきましょう!

お肌によくない食べ物

加工食品、砂糖、ファーストフードなど。
ファーストフードは安くて美味しいので、ついつい食べすぎちゃいますよね。
摂りすぎは厳禁です。脂肪分や塩分、糖分が多いので健康にはよくありません。
気を付けて食べれば問題ないので適量を心掛けましょう!

破壊されたコラーゲンを補うのも大事

コラーゲンとは、タンパク質の一種。全身のあらゆる組織に含まれており、それらの細胞をつなぎとめる働きがあります。

お肌には真皮層に網目のように張り巡らされており、肌のハリと弾力をキープしています。年齢とともに機能が落ちてしまい、シワやたるみの原因になってしまいます。
コラーゲンが含まれる食べ物からはもちろん、化粧品やサプリメントなどで効率よく意識的に摂取していきましょう。

スキンケアで改善できるの?

初期のシワであるちりめんジワなどは、保湿することで消すことができます。乾燥が原因で起こるシワですので、はっきりとしたシワになる前にしっかりと保湿して未然に防ぎましょう!
しかし、間違った化粧水の使い方はかえってシワを増やしてしまいます。「マッサージを念入りにしなければ…」なんて思って強く抑え込んではいませんか?

化粧水

500円玉くらいの量を、頬から口の周り、額へと下から上に軽くパッティングするのがポイントです!強い力がかかってしまうと肌の老化を速めてしまいますので注意。

保湿クリーム

薬指の第一関節にのる程度の量でつけすぎないように。軽くたたくように塗りましょう。保湿クリームは2度つけしても大丈夫。シワが気になるところに2度つけすると効果的!

▼日焼け止め
液体なら500円玉大。クリームなら真珠大の量を中指と薬指を使って顔全体に均一にのせましょう。頬や鼻などの高い部分は日に当たりやすいので、2度づけするのが良いです。

化粧品は、コラーゲン配合やヒアルロン酸が含まれたものを選ぶといいですね。より効率よくコラーゲンを摂りましょう。
↓↓参考にどうぞ↓↓

≪化粧水の正しい使い方≫

≪美容のプロ直伝!正しいローションパッティング方法≫

まとめ

今まで悩んでいたシミ、シワ、たるみの原因についてしっかり知識は深まりましたか?
お肌の悩みには基礎化粧品も慎重に選んでいきたいところですね・・・。
中には無料のお試しセットなどもありますので、使ってみて自分のお肌にあった化粧品を探してくださいね!

これで鏡も怖くない!今からでもできるスキンケア&対策でお肌を元気で若々しく保ち、笑顔で毎日を過ごしましょう(^^)
紫外線は確かに大敵ですが、だからと言って、日光を全く浴びないのはかえってよくありません。健康のために適度に外出して日光浴をしましょうね。長時間の外出はUV対策を忘れないで!

関連記事

  1. たるみ

    一重で悩んでいる私に「目つき悪いよね」、「いつも眠そうだよね」と言う友達を見返したい! 私は〇〇〇で…

    小さい頃から一重に悩んでいる私。目つきが悪い、眠たいの?…気にしている…

  2. くすみ

    メラニン色素による黒ずみが、肌の黒ずみ

    メラニン色素による黒ずみ影かと思ったら黒ずみができていました。…

  3. くすみ

    「どなたですか?(笑)」なんて言わせない!これで完璧すっぴん肌

    「念願叶って彼氏ができた!今日は初めてのお泊りデート!でも普段バッチリ…

  4. しみ

    「私たち同級生だったよね?(笑)」友達から言われた一言から立ち直れない私。同窓会まであと2週間…追い…

    同窓会の幹事になった私。打ち合わせの為に友達と久しぶりに会って最初の一…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP