オイリー肌

洗顔でやってはいけない間違いと肌質別洗顔方法

洗顔でやってはいけない間違い。

脂性だから、乾燥がひどいから、角栓が見えるからととにかく綺麗に洗っていればいいと思って、
こんな間違った方法をやっていませんか?

冷水で洗っている

冷水で洗うことで毛穴が引き締まるように感じる方もいるかもしれませんが、
これは毛穴がふさがるのではなく、急激な冷えによって一時的に縮むだけ

熱いお湯で洗っている

熱めのお湯を使うことで皮脂や汚れは落としやすくなりますが、
必要な皮脂まで落とし過ぎて乾燥などの原因になることもある。

「ゴシゴシ」と洗うと肌にダメージが

ゴシゴシ擦ることで摩擦が生まれ、肌の負担となってしまうから、
一生懸命洗顔を行ったのに、かえって乾燥を招いてしまう。

特に、目元や口元などは頬やおでこよりも皮膚が薄いため、
優しい力加減で泡のクッションで洗う。

力を入れずに時間をかけてしっかり洗えばいいのかな?

洗顔時間の基本は1~1.5分と考えましょう。

長時間、肌に洗顔料を付けていたり洗っていたりすると、肌に負担がかかりやすく乾燥する原因になってしまう。

洗顔の成分が肌に負担をかけてる。

洗顔の後は水分を徹底排除

タオルは洗顔時よりも摩擦を与えやすいため、
強く擦って水分を拭き取らないよう気を付けましょう。

使い古したケバケバのタオルを使ったり、強く擦って拭くことで摩擦が生じ、
肌が乾燥する原因になってしまうことも考えられます。

洗顔料は保湿。ベタベタが良い

洗顔後の乾燥を防ぎ、しっとりと整えることも大切ですが、
洗顔料の主な役割は「余分な汚れや皮脂を洗い流すこと」だから、保湿は乳液、美容液にお任せ。

皮脂汚れは大敵だから、ちょっとでも油っぽいと感じたら即洗顔

肌の脂っぽさや汚れが気になるからと言って、1日に何回も洗顔をするのは控えましょう。

肌に必要だから皮脂が出ているので、洗い落としすぎると肌のバリアがボロボロに、逆に乾燥肌などの原因になります。

乾燥したから皮脂を出そうと余計に脂っぽくなる悪循環も発生。

ニキビに気づいたから、アクネ菌を集中退治

ニキビができた時、早くなんとかしたいと思って、
いつもよりしっかり洗顔をしてしまうこともあるのではないでしょうか。

肌やニキビへの負担となってしまうから、ニキビができた部位への過度な洗顔は控えましょう。

ニキビを防ぐための洗顔は大切ですが、できてしまったニキビにはなるべく負担を与えないようにする。

モコモコのしっかりした泡で洗うのが大切

泡立てネットを使うと、水をほとんど使わなくても洗顔料をモコモコと泡立てることができます。

見た目にはモコモコとしたボリュームのある泡でも、適正な水分が含まれていない場合、肌への摩擦を起こしやすく、
負担となってしまうから、少しずつ水を足して目指すのはモコモコ泡よりタップリ泡で洗う。

洗顔料は肌の負担だから、使わない。

ぬるま湯だけで、汗やほこりなどの汚れは落とせても、皮脂や肌に塗った化粧のなどの汚れは落ちません。

残った汚れは参加して肌を刺激し、余計に肌を乾燥させる原因です。

なるべく顔を洗わない洗顔をする回数は1日に1回

乾燥を気にして顔を洗うのは寝る前に1度だけ、朝はメイクをするだけで洗顔はいらないと思っていませんか?
私たちの顔はどうやって汚れていくのでしょう?意外と多いのが汗による汚れです。

私たちは寝ている間、思っている以上に汗をかいています。

朝起きた時に喉が渇いているのは、就寝中の発汗のせいで、一晩に500mlから1Lもの汗をかく場合もあります。

汗以外の汚れには、皮脂の分泌があります。

皮脂自体は汚いものではありませんが、酸化して過酸化脂質になると肌にダメージを与えます。

汗と皮脂が分泌してべとついた肌で、枕の上やシーツに触れると、
ホコリやダニなど見えない小さな汚れが、顔に付いているので、
顔を洗わない肌は、眠っている間についたほこり、汗、垢、余分な皮脂など、老廃物がたくさんついたの状態です。

洗顔をしないとどうなる。

温水だけで洗うと、
洗顔料を使った場合に比べて、死んだ皮膚細胞を除去することができないので、
皮脂や汚れを取り除くだけになり、顔の皮膚は洗顔料を使っていた時よりもずっと乾燥します。

肌の質感は、死んだ皮膚細胞が蓄積するにつれ変わっていき、
2週間もするとには肌は乾燥してガサガサと粗くなり、肌がくすんで見えます。

肌の質感が変わり古い皮脂細胞が邪魔することで、
ジェル、クリーム、セラム、ローションなど、どんな種類のモイスチャライザーも吸収できなくなります。

元の洗顔料を使ったお手入れに戻して1週間たっても、元の質感には戻ってくれません。

「洗顔しない美容法」もありますが「何もしない」とは別なので注意してください。

疲れて帰ってきた時、ついメイクをしたまま寝てしまう、
なんて失敗が、実は思っている以上に肌い負担をかけていいます。

寝ている間にも分泌した皮脂のおかげで、朝起きた時には、余分な皮脂が毛穴に詰まったり、肌がべとついていたりするのです。

ぬるま湯だけで洗顔すると、毛穴の皮脂やべとつきが残ってしまう可能性があります。

夜用の基礎化粧品を使っている人は、
朝起きた時にはしっかり落すのが基本、
寝る前に付けた保湿のための美容成分や油分が肌に残って顔が痒くなる可能性があります。

古い角質の蓄積がすすむことで、肌がくすんで見えたり、肌荒れを引き起こしやすい状態になっています。

肌質別の正しい洗顔方法

基本の洗顔方法

気づかなかったポイントがあるかも、洗顔をしている人は、一度洗顔方法を見直してみましょう。

毎日行うことですから、肌に負担をかけない方法を続けることが大切です。洗顔の順番を紹介します。

(1)まずは手を洗う
試しに石鹸を2回に分けて手を洗ってみてください。

1度目より2度目のほうが良く泡がたつと思います。

洗顔料もおなじで、よく泡立てるために、まず手についた雑菌や汚れを洗い落とします。

(2)洗顔料をよく泡立てる
次に、洗顔料を細かい泡を作るように空気と混ざるようによく泡立てます。

お菓子を作る時の泡立てを思い出してみてください。

泡立て方は、洗顔料を利き手とは逆の手の平に乗せ、少し窪めて、手のひらをボウルに見立て、利き手の指先3本で水を混ぜながらよく泡立てます。

苦手な方は泡立てネットを使ってもよいでしょう。

(3)Tゾーンから優しく洗い始める
もちもちの泡が玉子1分ほどの大きさまでできたら、手と肌の間にクッションのように泡を乗せ、まずはTゾーンや顎(あご)など、皮脂が多い部分からやさしく洗い始めます。

なるべく指が肌に触れないようにしましょう。
※乾燥しがちな目元や口元などは、泡を乗せるだけで十分です。

(4)ぬるま湯で最低20回以上すすぐ
洗顔料をぬるま湯で最低20回以上はすすぎ、洗顔料が肌に残らないようにしましょう。

お湯の温度は33℃~36℃くらいが理想的です。肌と同じか少し低いくらいなのでお湯といっても温かくはありません。

(5)清潔なタオルで顔を押さえる
すすいだあとは、清潔なタオルで顔を押さえるようにやさしく水分を取りさります。

(6)洗顔後はすぐに保湿
洗顔後の肌から水分が蒸発するときに角層の水分が奪われる過乾燥になりがちです。
3分以内に化粧水や乳液、クリームで十分に保湿をするように心がけましょう。

乾燥肌の洗顔方法

お気に入りの洗顔料を見つけたら、朝晩の洗顔方法を見直してみましょう。洗い方を変えるだけで、肌の感触が変わる場合があります。

(1)手を洗う
手が汚れていると、洗顔料の泡立ちが悪くなります。事前に手を洗って清潔にしましょう。

(2)洗顔料をしっかり泡立てる
手のひらをボウルに見立て、少しずつ水を加えながら、指先3本を使ってよく泡立てます。水が少ないと、洗浄成分の濃度が高いため乾燥の原因になります。

(3)力を入れずにやさしく洗う
もちもちの泡ができたら、皮脂の多いおでこや鼻(Tゾーン)からのせます。円を描きながら、手と肌の間で泡を転がすように、やさしく洗いましょう。小鼻周辺は中指と薬指を使って、細かく丁寧に洗います。乾燥しやすい目もとや口もとは、泡を軽くなじませるだけで十分です。

(4)すすぎはぬるま湯で丁寧に
人肌程度のぬるま湯で、最低20回はすすぎましょう。髪の生え際、フェイスラインのすすぎ残しに注意。

(5)清潔なタオルで顔を押さえる
洗顔後は、清潔なタオルで顔を押さえるように水分を吸い取ります。
洗顔料での洗顔は、皮脂や古い角質など、肌にとって不要なものを取り除き、後で補給する化粧水などを浸透しやすくします。きちんと皮脂を落とさないと、酸化して肌を老化させる要因にもなります。朝と夜、洗顔料を使っての洗顔が基本です。

オイリー肌(脂性肌)の洗顔

脂性肌を治す上で、一番重要なのは洗顔ではなく、その後の保湿です。毛穴をケアして保湿のための準備をしましょう。

(1)手をしっかり洗う

(2)洗顔前に蒸しタオル
蒸しタオルを30秒くらい顔に当てると、毛穴が開いて汚れが取れやすくなります。
→プルプル肌。蒸しタオルで血行促進、角栓を予防。このアロマをプラスして効果をアップ

(3)ぬるま湯(33℃~36℃)で顔をゆすぐ
毛穴を開かせて、毛穴に詰まった汚れや皮脂を落とします。

(4)洗顔料をしっかり泡立てる
オイリー肌では過剰分泌される皮脂が気になってしまい、一生懸命洗顔してしまいがちですが、洗顔をやり過ぎてしまうことで、肌に必要な皮脂まで洗い流されてしまいます。
肌の水分量と油分は適度なバランスを保つことが大切です。
泡立てネットなどを使って、洗顔料はしっかりと泡立ててから使用するようにしましょう。

泡の量が少なすぎると皮膚を擦り洗いしてしまい、摩擦で肌にダメージを与えてします。
そのため顔の皮膚の上で洗顔料を泡立ててしまうのは絶対にNGです!できるだけきめ細かな泡をタップリ使って洗うようにしましょう。

(5)泡を使って洗う
タップリの泡を肌に乗せていくとその泡が汚れを吸着するイメージで、泡が肌を撫でるように洗います。指の腹は直接顔に触れない程度に優しく撫でます。
泡は油を吸着させるという効果があり、顔に置くだけで、余分は皮脂やホコリなどをの汚れを取り除くことが可能なので、ゴシゴシと強い力を加えなくてもきちんと洗浄することができます。
泡で顔を洗う時間は20秒程度でOK。それ以上長い時間洗うと、潤い成分まで取り除いてしまいます。肌にダメージを与えることなく、たっぷりの泡で優しく時間をかけずに洗いましょう。

(6)ぬるま湯で洗い流す
泡で洗い終わった後は手ですくったぬるま湯(33℃~36℃)使って優しく泡を洗い流します。
すすぎ忘れがあると、毛穴が詰まってしまうというトラブルを招きかねませんので、すすぎも、洗うことと同様にしっかりと行いましょう。
ただし、間違っても、シャワーを顔に当てるような真似はしないでください。
シャワーの水流が強すぎて肌に傷をつけたり、必要な皮脂を取りすぎて脂性肌が悪化したりします。
洗面器や洗面台にはったぬるま湯を使用して洗い流す場合は、すすぎの最後の数回は綺麗なぬるま湯を使って、完全に洗顔料を洗い流してくださいね。

(7)洗顔後の保湿ケアを忘れずに
オイリー肌の場合、肌がべたつくからと洗顔後のケアを化粧水のみで終了してしまうという人も少なくありませんが、化粧水の付けっぱなしは、肌に水分を保持させることが難しく、つけた後すぐに肌から水分は蒸発してしまいます。
肌の潤いを保ち、乾燥を防ぐためにも化粧水の水分をしっかり保持できるように乳液やクリームで肌に蓋をしてあげましょう。

関連記事

  1. 自分の顔を手で覆う男の子

    オイリー肌

    オイリー肌が原因で病気にらないように気を付けるポイント

    オイリー肌(脂性肌)とは何かの原因で皮脂の分泌が過剰になっている肌…

  2. 手鏡を見ながら乾燥肌を気にする女性

    乾燥肌

    30歳の姉の肌年齢は46歳!? 見た目は小柄で若く見られても、肌は正直… 乾燥肌で悩んでいた姉を救っ…

    どんなに見た目が若くても、肌は正直です。姉の肌は16歳も老けていました…

  3. 毛穴

    毛穴の「白い角栓」「黒い角栓」の違いとできる原因

    鼻の角栓には、『白い角栓』『黒い角栓』と2種類症状がありますどちら…

  4. 扇子を持つ同級生の女性と男性が同級生をバカにするようにのぞき見ている

    しみ

    「私たち同級生だったよね?(笑)」友達から言われた一言から立ち直れない私。同窓会まであと2週間…追い…

    同窓会の幹事になった私。打ち合わせの為に友達と久しぶりに会って最初の一…

  5. 蒸しタオルとアロマオイル

    くすみ

    プルプル肌。蒸しタオルで血行促進、角栓を予防。このアロマをプラスして効果をアップ。

    蒸しタオルで簡単スキンケア蒸しタオルは濡らしたタオルを温めて、優し…

  6. 乾燥肌

    乾燥肌の原因は間違ったスキンケアと生活習慣にあった!?

    若い時には考えもしなかったのに・・・■若い時は肌にツヤがあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP