その他

時短、短時間スキンケア

夜帰ってきてすぐ寝れば、お肌も美しく保たれるけど、化粧をしたまま寝るなんて肌が心配。
メイク落としの時間、ナイトケアを短くしたい。

寝不足になってまでスキンケアの時間を捻出するというのはオススメできません。
朝も朝食の準備をしてパンを焼いている間にメイクして、、、ほんとに忙しい。

手抜きではない時短テクニックをご紹介します。

夜の短時間スキンケア

夜のメイクオフに時短クレンジング

短時間でメイクを落とす方法として、水と馴染みやすいクレンジングオイルや、保湿効果のあるクレンジングシートがあります。これらは簡単にメイクを落とせるだけでなく、落としたあとも潤いを保つように開発されているため、落とさないで寝てしまうよりは、肌へのダメージが少なくて済みます。また、最近はお湯で落とせる化粧下地という画期的なものも販売されています。忙しい日や出張などに活用したいアイテムですね。

落ちにくいアイメイクは、あらかじめポイントメイクリムーバーなどで落としておきましょう。コットンにリムーバーを浸して10秒ほど押さえるだけなので、帰宅後すぐに行うことを習慣づけてしまえば、それほど面倒な作業ではありません。

マスカラはコットン2枚で上下からはさむようにすると、簡単に落ちます。

メイクやクレンジングの落とし残しは肌トラブルの元となるため、すすぎはしっかり行うようにしましょう。

夜のスキンケア

人間は人生の約1/3を寝て過ごします。だからこそ、睡眠時間も有効活用しなければもったいないですよね。化粧品メーカーもこの点に目をつけ、寝ながらできるスキンケア用品というものを発売し始めました。

たとえば、夜専用の美白ジェルパックや、塗ったまま寝ることのできるエイジングケア用品です。塗ったまま寝るとかぶれが心配だという人もいるかもしれませんが、これらの商品はそうした状況を想定して作られたものなので、トラブルを起こすことは少ないでしょう。とはいえ万能ではないので、目立たない場所に塗って一晩過ごしてみるなど、必ずテストを行うようにしましょう。

朝の短時間スキンケア

スキンケアはただ塗るだけではなく、肌になじませて浸透させる時間も必要です。
時間を使わずにできる。ながらケア、時短ケアをご紹介します。

朝のクレンジング

夜の間に分泌された皮脂やついたホコリを落とすだけなので、寝ている間の汚れは洗顔フォームを使ってしっかりと洗い流すほどではない場合がほとんどなのでぬるま湯を使って洗うだけにする。
洗顔に理想的な泡が出てくる洗顔料を使うと泡立ての時間が短縮できるので便利。顔を洗ったあと、そのまま乳液をつけてしまいます。乳液だけのケアにするときは、なるべく高保湿のアイテムがおすすめです。

朝のスキンケア

時短テクは、蒸しタオルを使うことです。蒸しタオルで毛穴を開き、さらに肌を温かくすると有効成分の浸透力が高まる。

その後の化粧水をスプレータイプやシートマスクタイプにすれば、念入りにコットンでつけている時間を短縮できます。
つけている間に朝食やヘアケア、その他の用意を済ませることができます。なるべくパック時間の短いものを選ぶとより効率的です。
パンを焼いている間、コーヒーを飲む間だって、スキンケアに最適な時間。シートパックでしっかりと潤わせた肌は、化粧のりが良くなり、日中の化粧崩れも気にならなくなるはずです。
最後の締めにオイルをつけることを忘れないようにしましょう。美容オイルは化粧のりも良くなるうえ、日中のテカリも気にならなくなるという優秀なアイテムです。ぜひ、肌質に合うものを探して見ましょう。

スキンケアの工程から乳液やクリームを省いてしまっている人もいるかもしれません。これは、「時短」ではなく「手抜き」です。化粧水には潤いを補う効果はあっても、その潤いを保つ効果は期待できません。
潤いのある肌をキープするためにも、乳液やクリームで保湿成分を補ってあげることが大切です。

オールインワン化粧品を使えば、寝坊してしまった朝でもスキンケアに困ることがありません。化粧水・美容液・乳液の役割を果たすものになっているので、基本のスキンケアならこれ1本で十分です。

自分の細かな行動にスキンケアを上手く組み込んでテキパキと準備を進めましょう。

関連記事

  1. フライパンとフライ返しを手にもって楽しそうに調理をする女性

    その他

    え?それだけでいいの!?料理下手な私がちょい足しで一度で二度おいしくなれた方法

    料理にも使える素敵食材!「塩麹」皆さんは家庭で料理をしていて、料理…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP